「インプラントのための抜歯」

インプラント治療は、主として様々な病気や交通事故などで歯が既にない方を対象とした治療法です。それから、歯周病が酷くなり歯はあるにはあるがぐらぐらして抜けるような状態なので抜歯してのインプラント治療もあります。こうした抜けている、もしくはその内病気が進行して抜けるという状態で抜歯しておこなう治療とは別に、健康な歯を抜いてインプラント治療をするという考え方があります。この方法はお口の中の状態、つまり、対合歯や抜けている歯の隣の歯の状態などを総合的に判断して健康な歯を抜歯してからインプラント治療をするという選択です。従って、この「インプラントのための抜歯」 は歯科医師の検査診断及び治療経験と知見に100%左右されます。健康な歯を抜くという行為は、患者にとっては大きな決断を要しますので、両者の十分な話し合いにより、メリットとデメリットと長期予後を検討しなければなりません。その際はまず、なぜ健康な歯を抜かないといけないのか、抜かない場合はどのような治療方法の選択肢があるかを十分に説明してもらう必要があります。治療方法としては希望しているインプラント治療ができない場合は、インプラントではなく入れ歯という選択肢もあるからです。

ここで、最近実際にお聞きしたお話です。その方は歯科医に数本の健康な歯を抜いてインプラントをする方法を勧められたため、他の施設でセカンドオピニオンをとられたそうです。結果として、抜かない治療を選択され、セカンドオピニオンを取られた歯科医院でインプラントではなく入れ歯になさるようです。やはり、健康な歯を抜くというのは精神的にも負担がありますし、喜んでできるものではありません。この健康な歯の抜歯を提案する歯科医師も躊躇なく勧めるというわけには行かないと思いますし、また、勧められた患者側もすぐに「はい、抜いてください」ということにはならないと思います。そうなりますと、この方のようにセカンドオピニオンをとり、別の治療方法を探ることを考えた方がよいかと思います。そして、まずは入れ歯で生活してみて、大きな不具合があれば再度インプラント治療を検討するというのがベターな方法かとも思います。

もし、インプラント治療で健康な歯を抜くことを勧められた場合は、是非セカンドオピニオンを取られ、最初の歯科医師のお話の内容とセカンドオピニオンを比較検討されることをお勧めいたします。

ページトップ