待機型と即時型インプラント治療

 インプラント治療は、手術日から仮の歯でなく最終的な人工の歯が入るまでのインプラント治療にかかる期間により、大まかに2つに分けられます。手術日の2-3ヶ月後に人工歯(修復物)が入るのが「待機型」、その日に入るのは「即時型」と呼ばれています。

 どちらが良いかは一概に申し上げられませんが、我々患者の口の中の状態や歯の骨の状態などを考慮したうえでの先生方の治療方針により決められます。といえども、全てのインプラント治療に「即時型」治療を推めるクリニックもあります。もし、ご自身の仕事やその他の事情で、手術日に最終的な人工の歯を入れたい(即時型)という希望があれば、歯科医師に相談なさればある程度の対応はしていただけると思います。ある程度と申しますのは、「即時型」は歯の骨の密度や量によって「待機型」の方が適している場合もあり、特にインプラントを入れる箇所が上顎の場合はそのようなことがあるようです。それに、術後の食事制限などがあると思いますので、良くご相談して決められる方が良いでしょう。

 「待機型」の場合は、人工の歯を入れるまでの間は舌の先が常に歯のない部分(欠損部)の隙間や、抜糸するまで歯の肉を縫っている糸を探って遊んだりします。と言っても別に不快感は無く、たまにここに歯がない、ここで物が噛めないと思い出す時があるぐらいです。とは言え、もし欠損部が会話をする際に見える部分であったり、仕事が多忙で時間が無かったら「即時型」も検討に値します。加えて、痛みについてですが、1本ぐらいのインプラント手術では、出血もほとんどなく、手術中や手術後も全くと言って良い程痛みはないようです。

ページトップ