「お口の健康」

お口の中を綺麗にしておくことは、最近のコロナ騒ぎでとても話題になってきております。しかしながら「お口の中の健康」と一口に言っても自分だけですべてできるのではありません。

というのは、体の健康は定期検診でチェックして悪いところが見つかれば病院で検査してもらうように勧められます。同様にお口の中も、定期的に歯科医院で歯一本一本をチェックしてもらい、悪いところがあればきちんと治療してもらわないといけません。お口の中も専門家、つまり歯科医師や衛生士の方のサポートを得て健康な状態にしてもらい、その後自分で気をつけてその健康な状態を維持する努力が必要なのです。これは病気が完治した方が、ウォーキングを始めたりジムで健康管理するようなイメージに似ています。

そのためには、お口の中の病気は治療しておかないといけないのです。特に歯周病などがあれば徹底的に治しておかないと、お口の中に外から入ったウィルスなどが活動しやすい状況を作り出します。それから、噛み合わせもしっかりみていただかないと、時には肩こりや頭痛の原因の一つにもなりかねません。インプラントだけに限りませんが歯の治療をした後などの定期検診では、治療した歯とその周りおよびその反対側(下の歯が人工歯であれば上の歯)の歯との噛み合わせを調整してもらうことになります。インプラント治療後の人工歯は天然歯より硬いことが多いので必ず診て調整してもらうことです。それから噛み合わせには加齢による筋肉の衰えも影響するかもしれません。

このように治療した後はホームケアと呼ばれる方法、つまり、自宅での定期的な歯磨き、デンタルフロスによる歯の隙間の清掃、仕上げに虫歯や歯周病を予防し口臭を防ぐ洗口液を使うことを心がけるのがベストと思います。このようにしてせっかくクリニックで綺麗にしていただいたお口の中の良い状態を次の検診まで維持することです。

ちなみに洗口液は刺激があるという方もおられるのですが、昨今は刺激のないものやアルコールを含んでいないものもありますので色々試してご自身にあうもの見つけて継続的に使うようにしましょう。また、コロナで話題になっているうがい薬は口や喉の殺菌や消毒を目的としていますので洗口液の方が良いと思います。

昔から「口は災の元」と申します。日々気をつけてお口の健康を守りウィルスの侵入を防ぎましょう!

ページトップ