「ブリッジ治療~その後」

ブリッジ治療は、歯がなくなったときに両側の健康な歯を少し削って、その2本の歯を支点とし、真ん中のなくなった歯も含めて連結した3本の人工歯を乗せる治療法です。それが島と島の間にかける橋に似ているのでブリッジと呼ばれているようです。

さて、私の知り合いの話です。10年ぐらい前に、抜歯した後にブリッジ治療を勧められて自費治療をしたそうです。最近になってから、抜歯した歯の上の歯肉とブリッジの底の間に隙間ができて物が詰まったりするとの事でした。私どもは素人ですが、原因は10年の間に歯根のない真ん中の部分の歯肉の下の骨が下がってきて、ブリッジと歯肉の間に隙間ができたと考えても不思議はないです。もしそうであれば、歯の骨を増殖して歯肉を上にあげるような治療が必要になるのではないでしょうか。どのような理由であっても、再治療の必要があり、2つの選択肢が考えられます。一度このブリッジを外して再度ブリッジをするか、抜歯の部分にインプラント、両側の歯にはクラウンを冠せるかです。

この話のポイントは、最初からインプラントをした場合はどうであったか?という点と、これからブリッジかインプラント治療のどちらをするのか?という点です。

知人は10年前の治療の際にはインプラントは勧められなかったようです。ブリッジも自費治療をしておられますので、金額的な問題では無く、先生がどちらを優先的に勧められたかでブリッジを選択されたのでしょう。もし、その先生がインプラント治療を常にされておられるのであれば、多分インプラント治療を勧めたのではないかと推察いたします。なぜなら、今回の再治療では、現在はインプラント治療も出来ますと言っていらっしゃるようですから。

では、この2つの選択肢を経済的な面も含めて考えてみましょう。インプラント治療した場合、歯の具合が悪くなるとその部分だけの再治療で済みます。また、ブリッジと違い、抜いた歯の両側の2本の健康な歯を削る必要がないので、健康な歯はそのまま活かすことが出来ます。当然ながら両側2本分のクラウンの費用も必要ありません。

当時の先生がどのような状況でブリッジ治療という結論に至ったかはわかりませんが、私であれば次の治療はインプラントをするためのセカンドオピニオンをとってからどちらにするか検討します。

もし、皆様方のお知り合いでこういう方がおられましたら、インプラントを選択肢の一つに加えていただき、セカンドオピニオンをとることをお勧めください。

ページトップ