「知り合いのブリッジ治療」

セカンドオピニオンが重要というお話です。それに加えて、ミニマムインベイシブ(低侵襲な治療)の事も少し。

私の知り合いの方が、数年前に奥歯が抜けたのでその両側の健康な歯を削ってブリッジにされたそうです。その後何らかの理由で具合が悪くなり腫れて診察してもらいました。が原因がよくわからず薬を処方されて1年近く飲まれていたとのことです。最終的にX線で臼歯の根っこが折れているとわかり、薬を飲んでも折れている歯の根っこが再生する事はないので、何か良い方法がないかとのご質問を受けました。

ブリッジをすると両方の健康な歯を削るので、物理的に削られた両方の歯は以前より弱くなります。加えて、真ん中の歯がないので、力学上3本の歯にかかっていた圧を2本の歯で支えることになります。知人はブリッジを勧められた時に、インプラントをするのであれば紹介すると言われたようです。また、インプラントはメインテナンスが大変であるとも言われ、それでブリッジにされたそうです。

さて、近年ミニマムインベイシブ(低侵襲な治療)と言われて、どのような治療でも体への侵襲を最小限にするような医療技術が発達して来ました。インプラントとブリッジを比較しますと、健康な天然の歯をそのままに保つという点においてはインプラントの方に分があります。メインテナンスに関しても、ブリッジであろうがインプラントであろうが、年に何回かクリックでメインテナンスもしくは点検をしてもらい、クリーニングをしてもらうことに変わりはありません。

歯の治療において治療後に起こる事を未然に防ぐには、つまり治療を成功させるには、初めに自分自身でどのような治療を選択するかを決めるための情報を集めることです。そのためにはセカンドオピニオンを専門の先生から得ることが大切だと思います。一人の先生任せにしておくのはよろしくないと思いますし、セカンドオピニオンを取ることに対して先生方からクレームが来ることもありません。課題としてはどのようにして専門の先生と巡り合うかですが、ネットなどの様々な広告などに惑わされないようにして、治療を受けた経験者などから情報を得るのが一番であると思います。

ページトップ