「噛み合わせ」その2

これは当たり前と言えば当たり前の話ですが、やはり口腔内は保険適用で無くても全体的にしっかりと診断をしてもらい治療をしないといけないと思った話です。

最近知り合いの方から歯医者さんのご紹介依頼を受ける事が少なからずあります。歯がないとかインプラントをしたがインプラントが抜けたとか色々歯医者さんで治療してもらったがどうも思わしくないというような理由です。インプラント治療などが必要と思われる場合が多く、治療期間が長くなることと定期メンテナンスに通う事を考えてなるべくお住いから近い私の知り合いでインプラント治療経験の豊富な先生をご紹介することにしています。

私がご紹介するクリニックは一般的に保険治療を主としているクリニックより、自費治療の割合が多い施設というイメージで良いかと思います。その為か、患者様が主として訴えている治療だけをするのでは無くて、現在のお口の中の状態を見て将来起こりうる事を未然に防ぐための治療も考慮されます。つまり長年に渡ってその状態になっているのでそこだけ直せば全体的によくなるというようなものではないからです。言い換えればお口の中全体の治療計画を立てて頂けます。それをするにはまず現在のお口の中の噛み合わせを全体的に診察してから最も良い形にする治療をすることになります。緊急に必要な治療があれば対処されることはもちろんですが、まずは、実際の治療の前に、顎などの状態からどのような形が良いかを診られます。治療計画には自費のインプラント治療や歯周病治療が入る事がありますし、審美的には銀歯などを他の白い歯にするような事も含まれます。従いまして、当然ながら保険治療と比べて高額になる事が多々あると思います。この辺りが、歯科治療は高いと言われる所以かもしれません。しかしながら、健康で質の高い生活を続けるには、保険治療によるその疾患だけの治療も必要かと思いますが、それに加えまして歯の噛み合わせ全体を考えた治療を受けられる事をお勧めいたします。

ページトップ