「噛み合わせ」

先日噛み合わせ(咬合)を計測する機器を見る機会がありました。『噛み合わせの調整』は、どのような歯科治療でも最終的に行いますので、とても大事なことです。また、頭痛や肩こりなども噛み合わせの不具合から生じていることもあるとの事でした。

機器の使い方は簡単で、センサーと呼ばれる薄いシートを口の中に入れた歯で噛むだけです。それにより歯の一つ一つの噛み合わせの強さが計測出来ます。その後、歯科医がそれぞれの歯を一つ一つ丁寧に調整しながら最適な噛み合わせになるまで計測、確認、調整を繰り返します。要は、我々が歯科クリニックに行った時に、色のついた紙(咬合紙)を噛んで調整してもらうことがあると思いますが、その色のついた紙の機械版です。この機器のシート(センサー)を噛んだ後、コンピューターの画面上に全ての歯の噛み合わせの状況が色で表示され、同時に数値によるデータも表記されるという便利なものです。

しかし残念ながら、この機械による計測は自由診療です。その為その費用は、クリニックによって咬合を計測する費用として別途設定していたり、インプラントなどの治療費に含めたりしています。

咬合調整は、日々歯で食し、栄養を摂取している我々にとっては重要なものです。そして、噛み合わせはインプラント治療後の人工歯とインプラント自体の長期予後にも影響があると思います。また、体の他の器官に影響を与えることもありますので、しっかりと治療と調整を行い健康で快適な日常生活を送りたいものです。

しかしながら、咬合調整にこうした機器を使用した場合と咬合紙での調整を比較して優位差を出す臨床研究はかなり困難と申しますか、ほぼ不可能だと思います。ではどちらが良いかと言えば、論理的に考えれば、データに基づいて治療をすることの方が望ましいと考えます。

ネットを見ますと、導入されているクリニックもあるようなので、ご興味がある方はトライしてみても良いのではと思います。

ページトップ