「インプラントの歯が動く」

意外と一般の皆さんに知られていない事なのですが、定期的に噛み合わせを見てもらわないとインプラント後にも治療した歯は時間をかけて移動します。移動すれば歯と歯の間に隙間ができて、食べたものが詰まったり、放っておくと隙間が広がりスカスカになります。そうなると、歯に詰まったものをその都度取り除かなくてはなりませんし、見た目にもあまり良くありません。そのまま隙間が広がって行くと、 折角インプラントの上に作った人工歯を取り替える事にもなります。隙間の間に詰め物を付け足せば良いと思うかもしれませんが、実際にはそんなことはできませんので、やはりそれ相応の治療と費用が必要となります。

そうならない為の予防は、クリニックでの定期的な検診で噛み合わせを調整してもらう以外にはありませんので、必ず3−4ヶ月毎の定期検診は怠らずに行くようにしてください。

ページトップ