「予防歯科」

最近知り合いの先生方から『予防歯科』 という言葉を良く聞くようになりました。『予防歯科』とひと口に言っても、二つの意味があると思います。まず第一に、歯の疾患のない方が悪くならないように予防すること、第二に、歯の治療後にまた病気にならないようにすることです。

その方法はどちらの場合も、まずクリニックで定期検診をして口腔内を専門家に清掃してもらい、そこで、自分でする日々のケアの方法を教えてもらい実践し、自分で予防をすることが基本となります。歯の病気にかかっても、治療しますと口腔内は一度は綺麗な状態になります。それと同時に、治療後はその状態をどのようにして保つかということが課題になります。毎日のケアはクリニック頼みでは無く自分自身でキチンとしないといけません。それでも多分状態は徐々に変わると思いますが、全くやらないと状態はどんどんひどくなるでしょう。

自分でできるケアの方法は多種多様あります。そのためのツールも、歯ブラシから始まり、糸ようじやデンタルフロス、洗口液(マウスウォッシュ)、水歯磨きなど様々です。まずは、クリニックでのプロによる定期的なクリーニングを行うことは必須ですが、その後自宅で、フロスや洗口液、それから電動歯ブラシなどを組み合わせ、ご自身でのケアを毎日怠らない事が予防に繋がります。要は『予防歯科』とは、クリニックに100%頼るのでは無く、クリニックの外で、つまり、自宅や外出時にどれくらい自分で口腔内ケアを行うかがキーであると思います。

今、歯の病気を持っている人も含めて多くの人にこうした口腔内ケアに関心を持って頂きたいものです。それが皆さんの健康、ひいては保険診療費の増加の抑制につながると思っています。

ページトップ