「認可品の使用」

今回はインプラントにする際に事前に確認すべき大切な事についてお話しします。

インプラント手術において私共の体に半永久的に残るインプラント体や人工歯との橋渡し(ジョイント部)になるアバットメントはやはり正規に輸入された履歴がある製品、「正規品」を使用してもらいたいものです。

例えば、症例が日本で認可されているどのインプラントも使用できないなど、余程の臨床的な事情が無い限り、「正規品」で治療を受けるべきです。「正規品」とは、日本で承認がある製品で承認をもっている会社が承認書に従って輸入し、検査し、適切な条件の元で保管し販売している製品です。

一方、「非正規品」とは、日本での未承認品・未許可品です。それらはたとえ先生が個人で適切な通関手続きをして輸入した製品だとしても、ここでいうは「正規品」にはなりません。製品を保証する会社はその製品がどの様な形で輸入され、なおかつ、どのように保管されているかわからないものは、製品の安全性を担保する記録がないので保証できないのです。

では我々患者はどのようにすれば「正規品」か否かがわかるかという事ですが、まず、インプラント手術の説明を受ける時にご自身が確認する事です。これは率直に聞いて頂いても全く問題はありません。もし聞くのに気がひけるようであれば、『患者カード』を発行して頂けますか?と聞く事ですね。これは各メーカー独自のものや学会が推奨しているカードがありますので、どこの歯科医院でも発行できます。『患者カード』の主な内容は、使用部位、使用インプラントのサイズやカタログ番号、使用した上部構造の材質やインプラントの製造番号、など後々まで必要となる情報が記載されています。これはインプラント治療後に何かあった時にとても役立つだけでなく、「正規品」であるという証明にもなります。

このことはご自身の為に是非お忘れなきようお願いします。

ページトップ