「インプラント周囲炎」のお話しの続きです。

前回は「ペリインプランタイティス」と言う言葉を使いましたが、「インプラント周囲炎」の方がわかりやすいのでこの言葉を使います。

これはインプラント治療をしたために起こる歯周病です。先生のお話しでは、そのリスクを減らすにはインプラントをする前に口内にある細菌をコントロールする必要があるようです。
コントロールするということは細菌を少なくするということです。お口の中には多くの細菌がありますので除去すべき菌を適切に処理するという意味です。当然ながら歯周病が重症になり歯がグラグラして歯を抜く以外の処置ができない人のお口の中は歯周病菌が存在していますので、これを医学的にコントロールして少なく、もし くは全て除去することが必要です。

これはインプラント治療に入る前に一定の期間をかけて行うことになり、従ってインプラント治療が終了するまでの期間はこうした病気を持たない方に比べると長くなります。
しかしながら、事前にこれを怠りますとインプラント周囲炎になる可能性が高くなりますので、もし、歯周病が原因でインプラント治療をされる方はこうした事前処置を完璧に行ってくれるクリニックを探してください。

ページトップ