「インプラントが動く」のお話です。

「ある先生から興味のあるお話をお聞きしましたので共有したいと思います。他院でインプラントにした患者様が来院されて、インプラント治療後からインプラントにした歯が動く、それでインプラントとはこんなものだと思っていたとおっしゃったそうです。早速、その先生はインプラントを撤去して骨を作るところから再治療を始められたそうです。

なぜインプラントにした歯が動いたか?ということですが、これは何らかの理由で、インプラント体が骨にキチンとついていないからだと思います。もし、キチンとくっついていれば抜くのも簡単に抜けない、通常は動かないものです。この患者様の場合、インプラントを埋入した位置が適切ではなかったか、適切な骨の量がなかったか、等考えられますがいずれにしても最初の治療計画、つまりインプラントをする前の設計の段階での課題があったかもしれないと思います。

昨今はCTからのデジタル情報により事前に骨や近隣の歯の状態を把握してインプラント体の位置(方向や深さ)、使用するインプラント体、それから、インプラントの上に歯を入れた出来上がった状態を見ることができます。今回のケースは、事前のシュミレーションにより理想的な位置に理想的なインプラントを埋入し、理想的な仕上がりをを確認できるシステムを使用していれば起こらなかったかもしれません。

もし、お知り合いにこうした方がおられましたら、是非他のインプラントをされている歯科医院で診察されるように勧めてください。

ページトップ