「インプラント・ガイドシステム」のお話です。

「ガイドシステム」とは、インプラント手術をより安全に確実に治療を行うシステムです。つまり我々患者にとっては、手術を受ける安心度が増すというものです。

少し説明していきましょう。まず、よくご存知の歯のCTをとります。そのCTからデジタル情報を『ガイドシステム』というアプリケーションを入れたコンピューター(マックやウインドウズなどの高位機種のPC)に入れます。そして「ガイドシステム」で、目で見えない歯肉の中の歯の骨の状態、高さや幅、歯の位置、つまり全体の形状を見ます。そして、コンピューター上でインプラントの長さ、直径、形状、インプラントを入れる方向をシミュレーションします。その際、インプラントの位置が神経や血管に近すぎる等適切な位置でない時は、システムが警告を発しますので、方向性や深さ、インプラントの種類を変更し再度シュミレーションし、最適なインプラントの種類や位置を決定します。

この情報を元に「支台」がこれを専門とするメーカーの工場で設計されます。この『支台』というものはマウスピースの頑丈なものを想像していただければわかりやすいです。この支台のインプラントを埋入する位置に、穴を空けます。穴といっても小さな円筒形のもので、この円筒形の穴によってインプラント埋入の方向や深さが一定になります。術者はこれにしたがってドリルでインプラントを入れる位置を的確に削っていくことが出来ます。この『支台』によって術者は今まで以上に安心して手術をする事ができるのです。こうした技術は多くの先生方とインプラント治療を受ける患者様双方にとって安全で確実な治療の一助になります。

今、多くの「ガイドシステム」が各社から販売されています。それぞれが特徴のあるものです。近年、多くのインプラント治療施設がこの『ガイドシステム』を使用しています。しかし、ガイドシステムや支台を使用するかしないかは医師の判断と費用の兼ね合いです。支台の費用は治療費とは別料金の施設もあります。が、事前にPCでインプラント手術の設計をし、支台を使用する手術をしていただくという選択肢は、より安心してインプラント手術を受けることが出来るという面で我々患者側にとって考慮する価値のあるものだと考えています。もし、インプラント治療を受けるときは是非ご考慮ください。

ページトップ