「インプラントをもっと広める」必要があると痛感した出来事です。

先日知り合いになった方がインプラントに非常に興味を持っておられましたので、私のわかる範囲でお話をさせていただきました。インプラントは長期に渡り安全な治療方法として確立している事、日本では既に30年以上の歴史があり多くの先生方がきちんとした技術を持っておられる事、保険適用外なのでそれなりの費用がかかる事、義歯などに比べては生活の質が大きく改善する事、症例数の多さだけで良し悪しの判断できない事など、このサイトにあるような事をお伝えしました。この方がなぜ私に色々質問されたかをお聞きしましたら、ご自身はブリッジをなさっているが、自分が通院している歯科医院ではインプラントの説明を受けていないから知りたいとのことでした。

学会では、医師が患者様にインプラント、ブリッジ、義歯などの選択肢を説明するよう奨励していますが、この話を聞く限り、まだそれは行き渡っていないようです。たとえその歯科医院がインプラント治療をしていなくても、提携先を探すことによって、このような患者様に選択肢を広げていただければと思います。この方は、なぜ説明してもらえないのか?との疑問をお持ちでした。その先生がご自身でインプラント治療をされていないから、興味がない、否定的である等、インプラントの説明をしていない理由は多々あるかとは思います。しかしながら、こうした事が患者様との間に不信感を生む原因にならないよう祈るばかりです。

最終的にその方には、まずまずインプラントの基礎知識を持ち、ご自分にあったクリニックを探せるよう、クリニック情報もある本サイトをご案内しました。今回の事は、私も本サイトを継続してインプラント治療を広める活動を行えば少しでも患者様のお役に立てると再認識した経験でした。

ページトップ