「頑張れ日本!」のお話です。

日本の開業医の先生が、ある国際的なインプラント学会の会長に就任されました。この学会は40年以上前に設立された世界規模のインプラント治療の学術団体で、国際的にインプラント治療への継続教育を提供しています。

会員数は全世界で約2万5千人、本部は米国です。最近日本にも支部ができ、毎年学術集会を開催しています。この学会のプログラムには国内外の著名な開業医の先生方及び大学教授の先生方による講演があり、この機会に多くの日本の先生方が最新の治療方法や今までの治療の長期経過などを知ることができます。

このようなグローバルに認められた学術団体の活動により、日本の先生方が海外の最新のインプラント治療情報をより早く入手し、それと同時に、日本から海外への情報発信がさらに促進され、国際交流が深まる事が期待できます。日本の先生方のグローバルな活躍によって、国際的に日本の治療技術と位置付けが上がり、インプラント治療を望まれる患者様へより安全で確実な治療の進歩が図られ、我々患者がより安心なインプラント治療を受けられるという好循環が日本でどんどん進む事を切に望みます。

頑張れ日本!

ページトップ