今日は「根幹治療」と呼ばれる歯の根っこの治療のお話です。

この治療はインプラント治療にも関わりがあります。

細菌感染によって歯の炎症が起こり、それが進行して歯の土台となる根っこの部分まで炎症が広がってしまった時などは根幹治療で歯の根の内側を削って感染した部分を除去してからその隙間を特殊な材料で埋めるという方法があります。その際、きちんと処置ができていないと再度の細菌感染によりまた悪くなってしまいます。ただ、この治療は歯の内側を削りますので、何度も繰り返し行うと歯の壁が薄くなり、歯ぎしりや食いしばりなどで歯に強い力が加わった時に歯に縦に亀裂が入ったり割れたりします。こうなるとその歯を抜くしかなくなり、場所にもよりますがインプラントや入れ歯やブリッジなどの治療が必要になります。

ここ10年程で根幹治療は急速に普及しています。その治療のためだけにクリニックに電子顕微鏡や他の特殊で高額な器具を揃える必要があるので残念ながら保険外治療なので自由診療となりますが、これも一つの選択肢です。私の知人で、根幹治療を受けて10年以上も再発していない方々もおられます。いずれにしても、保険治療や自費に関わらず、根っこの治療(根幹治療、歯内療法)を選択する場合は、第一回目に完全に処置をしてもらえる施設を選ぶことが大切です。

ページトップ