インプラント治療への希望

治療というのはどのような方法であっても、治療を受ける我々患者のメリットが最優先されるべきです。治療の目的は「生活の質の向上」つまり「生活の質のレベルの改善」です。日常生活の中で歯は、「歯」という漢字が示す通り、口の中で米(食べ物)を噛むという、我々が生きていく上で欠かせない活動を行う時の身体の入り口であります。口はとても重要な身体の部分であり、歯はその部品の一つと言えます。食し、話し、味を感じる、身体全体に栄養を与える活動を助ける歯はとても大事なものです。これらの活動は歯の機能を最大限使うことによりできるものであります。そう考えると、歯を失った場合行き着くところは、我々はより自分の歯(天然歯)に近い機能を果たし、それに加え、見た目にも良い歯にしてもらえる治療を選択するべきだということになるのではないでしょうか。

まず第一に、保険制度ではカバーしていないインプラント治療費の高齢者への保険制度による全額負担もしくは一部負担を考える必要があると思います。なぜなら、高齢者ほど口から物を噛んで食する事がより健康に寄与できると考えられるからです。歯がない方々、特に高齢者には保険からのこの治療に対する助成があれば、健康に非常に良い結果が出ると思います。高齢者の病気が少なくなったり、病気の程度が軽減されるように思えてなりません。毎年約1兆円ずつ増えている国の医療費への支出も減るのではないかと思ったりもしてます。如何でしょうか?

その為の今後の課題を考えますと、まず第一に、現在の保険制度ではカバーしていないインプラント治療費を保険制度で全額もしくは一部負担する事を考える必要があると思います。まずは高齢者だけが対象でも構いません。なぜなら、高齢者ほど口で物を噛んで食する事がより健康にとって重要だと考えられるからです。歯がない方々、特に高齢者には保険からこの治療に対する助成があれば、口の中や歯の健康が増進され、身体全体の健康にも非常に良い影響が出ると思います。高齢者の病気が少なくなったり、病気の程度が軽減されるのではと思われます。年約1兆円ずつ増えている国の医療費への支出も減るのではないかと思いますが、如何でしょうか?

次に、より安全で確実なインプラント手術への発展を考えた場合、我々患者のメリットは「安全、確実」は勿論ですが、「短時間」そして「低侵襲」(身体への負担が少ない)がとても重要です。その上で、多くの先生方が安心して使用できる臨床に基づいて標準化された手順の確立とその継続的な改善、そしてそれを広く普及させる努力が必要です。特に、インプラントにおいてはその日に仮歯ではなく最終の人工歯が入ることを目標にして製品と医療技術が発展していくことを望みます。

では、侵襲の少ない(身体への負担が少ない)治療について少し考えてみましょう。侵襲の大きい治療の一例として、自分の骨を他の部位に移植して使用する手術方法があります。こうした侵襲の大きい治療から少ない治療への移行のため、最近のバイオ医療の発展が大きく貢献できると期待しています。大学も含め多くの機関で研究開発が進められていますが、この新しい技術が完全に一般に応用できるまで、今市場で入手できる骨の代替品に限りがあるため、治療が制約されます。今後、安全で人の骨に近い人工の製品などが多く出てくれば、より侵襲の少ない治療ができます。これにも低侵襲治療の増加への大きな期待ができます。

そして、医療技術と製品の進歩により、全国、いや全世界で同じレベルの治療を我々患者がいつでも受けられるということが一つの大きなゴールではないでしょうか?そうなればとてもとてもありがたい事です。これを推進するためには、産学協同という産業と医療を実施する側の協働体による知識技術のさらなる進歩と発展を望みます。そうなれば近い将来、医科で既に臨床使用されている遠隔操作による手術支援ロボットの小型化による低侵襲の治療が歯科領域で始まる日が来るのも近いのではと思いを馳せています。

ページトップ