世界のインプラントメーカー

このコラムはグローバルで活躍しているインプラントメーカーについてです。自分が選ぶ歯科医院がどのようなインプラントを使用しているかを考える時の参考にしていただけましたらありがたいです。

インプラント製造販売会社(メーカー)の規模は大小様々です。正確な数はわかりかねますが、世界中で200社とも250社とも言われています。当然ながらこの全てのインプラントが日本に入っているわけではありません。おそらく諸外国でも、一つの国で全ての種類が販売されている国はないでしょう。理由は、多くの国で自国生産のインプラントメーカーが数社あり、その国でのみ販売されている製品があるからだと思います。

一方、世界では数社のトップメーカーにより市場の多くが占有されています。言わずもがなですが、この数社のインプラント関連製品が日本でも承認販売されインプラント治療施設で患者に日々埋入されています。それぞれの会社が特徴の違ったインプラント体を作っており、長さや太さや表面性状(表面のコーティング)が違います。今では本当にその一つ一つを覚えきれないぐらいの種類があります。元来はそれほど多くはありませんでした。歴史的に見ると、様々な症例に対応できるように各社が独自に研究開発をし、長期にわたり少しずつ種類を増やしてきたのです。

世界的なトップメーカーの製品の場合、日本国内だけでなく世界中の主たる国々に子会社や代理店網があります。そこには自社の全てのインプラント関連製品が揃っています。それがトップのグローバル企業たる所以であり責任なのです。更に、世界の主要都市にはそれらの製品を使用している先生方がおられます。従って我々患者は、何かあった時に日本国内だけでなくそうした諸外国でもアフターケアが容易に受けられるメリットがあります。こうした事もインプラント選びの際に考慮すべき点の一つであると思います。

ページトップ