根っこの治療と歯周病の治療とインプラント治療の関係

歯を抜くという行為の後におこなうインプラント治療と、歯を抜かないで保存する根っこの治療(根管治療又は歯内療法)や歯周病治療では、抜かずに治療するか抜いて治療するか、どちらを優先するか?という議論があります。これを検討することは重要なのでそれぞれの治療とその関係について少しお話をしたいと思います。


根管治療(歯内療法)

歯の根っこの治療は「根管治療」(もしくは「歯内療法」)と言われています。読んで字のごとく、根管とは歯の中の管、同じことを言い換えているのですが歯内とは歯の内部のことです。この治療では歯の内部の細菌感染した部分(根尖病巣)を除去、清掃します。具体的には、まず歯の中の細菌感染した部分を電子顕微鏡で歯の内部を拡大して見ながら根管を削って取り除き、空洞になった部分を清掃・消毒して、その後空洞を詰め物で完全に塞ぎ感染の再発を防ぎます。

この治療は保険診療も自費治療のどちらもあります。自費治療もしくは自由診療といわれる保険のきかない治療方法は、全てを自分のポケットマネー、すなわち自費で賄う事になります。近年、この根管治療を自費治療として提供するクリニックが増加傾向にあるように思います。

なぜなら、根管治療のセミナーが多く開催されており、熱心な先生方で常に一杯なので、この治療を行う先生が増えているのではと思います。私は、海外でこの治療が始まり、日本で自由治療として行われ始めた時期に、この治療に使用する新しい製品の輸入販売に関わりました。それは「ファイル」と呼ばれるチタン製のとても小さくて細いドリルで歯の中を削るのに使用する製品で日本にはなかったものでした。当時この新しい治療法を日本で広げるため、この治療法のパイオニアの一人である米国西海岸の先生のクリニックでの研修を企画し、日本の先生方にご参加いただいたことも有ります。かく言う私もこの新しい根管治療技術の恩恵に浴した一人です。

では次に、根管治療を自由診療で行う際に必要な設備や機材、コストを見てみましょう。この治療には種々の専用の医療機器・用具を用います。まず、歯の内部を拡大して見ながら治療するために無くてはならないのは顕微鏡で、これはかなり大きく高額なものです。その他、専用のとても細い切削ドリル(ファイル)、とそのファイルを回転させる機材(ハンドピース)と動力となるモーター、歯の空洞を埋める材料等の専用の機器などが必要でありこれらを揃えるために大きな投資が必要です。更に、これらの機器や用具に習熟し、良い治療をするために、先生方はご自費で専門の研修やトレーニングを受講されています。

さて、では治療費用は?といいますと、インプラント治療と同様に歯科医院の立地やその先生の考え方によって大きく変わってきます。おおよそですが、1根管あたり5万円位からでしょうか。2根管であれば10万円になります。治療時間は1時間ぐらいで、大抵は1回で済みます。この自由診療による治療は何回も通う必要がないので、特に多忙な方はメリットを感じるのではないでしょうか。個人的な話ですが、私は一度保険治療で根管治療を行い、病巣が再発した歯を再度自由診療で処置し、歯を抜かずに保存し予後は良好でした。


根管治療

歯周病治療

歯周病は歯の周りの歯肉で覆われている見えない部分で細菌が悪さをして歯肉に炎症を引き起こす病気です。そのまま放置しておくと、歯を支えている骨が徐々になくなり、やがて歯が抜けます。さらにこの歯周病は、心臓病や糖尿病の原因にもなるとも言われていることはご存知の方もいらっしゃると思います。歯周病に対しては予防が大事です。歯磨きや洗口液等の使用による自分自身で行う歯のケアに加えて、歯科医院で定期的にチェックを受け、歯石などの除去をしてもらうとより効果的です。この両方の組合せ以外に予防方法の近道はないと思います。

歯周病, 全身疾患

さて、治療方法ですが、保険適用の治療方法や保険でカバーされない材料を使用する再生治療、歯の肉を切って行う外科治療などの種々の自費治療があります。自分の歯の状態に応じた処置方法を先生になるべく早い段階で相談して治療してもらうことをお勧めします。なぜならば、治療が遅くなるほど症状が進行し、治療期間も費用もかかるからです。


インプラント治療との関係

以上が概略ですが、根管治療や歯周病治療は歯の保存、すなわち長く持たせる事を目的としています。これにより、抜く必要に迫られた歯を抜かずに治療できることもあります。しかし、歯の位置や隣の歯の状況により逆に抜く方が良い時もあるようです。インプラントの前にこの保存治療を受けることも一考かと思います。とはいえ、その後何らかの理由で治療した歯が悪くなり、インプラントを入れる事を選択した場合は、以前に入れた人工歯を取り替える事になります。歯周病や根管治療で人工歯を入れた場合は、その人工歯は再使用できず、新たな人工歯を入れる事になりその費用が発生します。

繰り返しになりますが、一般的なインプラント治療などの人工歯を使用する治療はその土台となる歯の骨が必要です。骨があればあるほど治療は容易になり治療計画の選択肢も増えるようです。治療方法は治療する歯の状態によりますが、抜くか抜かないか?抜く場合は時期はいつが良いのか?など担当の先生とよく相談してください。そして、自分自身が納得できる将来の口の中の状況も考え、それを実現する為の総合的な治療計画と費用を考慮・検討し最善と思われる方法を選択してください。

ページトップ