インプラント治療後のケア

定期的なメンテナンス

インプラント治療を受けた後は、歯がなかったことをほぼ意識せずに食事ができるなどの歯を失う前と同様な生活に変わります。かといって何もしないでそのまま放置して良いということではありません。人工物を口の中に常駐させている訳ですから、車や機械と同じようにその後の定期的な点検と日頃のケアが大切です。必ず年に3−4回は、他の歯の病気のチェックも含めて歯科クリニックで定期検診を受ける事をお勧めします。その際は、歯の清掃は当然の事、先生にインプラントの状態や噛み合わせなどお口の中を総合的に診ていただけますので継続して受けてください。この検診はとても重要なので、忘れないように私は検診に行くたびに次の予約をするようにしています。それから、食後の歯磨きも忘れずに行い殺菌作用や歯肉炎防止効果がある洗口液も使用される方が良いと思います。洗口液も様々で、含有物によって効用が違います。私は、歯周病を患っていた時からクリニックで勧められた製品を使用していますが、インプラント処置を施した歯の部分だけでなく全ての歯の病気予防にとても役立つと思い毎日使っています。

こうした定期メンテナンスと日々のケアは、インプラント治療後に起こり得る病気として近年話題になっている「インプラント周囲炎」の予防にもつながります。この「インプラント周囲炎」とは、インプラントの周りの組織がダメになることです。これを治療する方法もどんどん開発されていますので、なったからといって心配することはないかもしれません。しかしながら一度起こりますと厄介なもので、最悪の場合は歯の骨にくっついているインプラント体そのものを取り出さなくてはならなくなります。それにより再びインプラント手術が必要になるかもしれません。この様な再手術は絶対に避けなければいけません。そのために我々患者は予防措置をおろそかにせずに歯科医院で定期検診(メンテナンス)を受け、日常の自分で行うケアもしっかりと継続して行わなくてはいけません。


マウスピース

就寝時の歯ぎしりからインプラントを守るナイトガードと呼ばれるマウスピースを使用されることもお勧めです。せっかく治療したインプラントの歯ですので、適切な術後管理を行い、快適に使える良い状態を常に保つことはとても大事なことです。マウスピースは硬い材質(ハード)と柔らかい材質(ソフト)の2種類で価格は1万円ぐらいからあります。

ページトップ