歯のインプラント治療を行う歯科施設を選ぶポイント

日本には歯科大学と大学歯学部の付属病院を含めて29の大学の歯科治療施設と、約68,000の歯科医院があります。余談ですが、この68,000という数は54,000と言われているコンビニエンスストアの総数より多い数字です。厚生労働省の統計によれば,インプラントの施術をしている施設数は2011年には10,000医院でしたが2014年は24,000施設になったそうです。

興味深いことは米国など歯科治療で分業制の発達している国とは違い、日本の多くのクリニックでは、歯周病治療、矯正治療、根管治療などほとんど全て治療を受診できます。それは国民皆保険制度のある国とそうでない米国のような国との違いでもあります。是非は別として、私どもは、何施設も行く事なく1施設で全ての疾患に対応していただけるのです。

さて、24,000と言われるインプラント治療も行うクリニックには、新規の施設や数十年に及ぶ経験がある施設が含まれています。その中でもインプラント手術への取り組みは多種多様です。一人の先生のみがインプラント治療を行っている施設、数人の先生でインプラント治療を行っている施設、インプラント手術専門の先生に来ていただき手術を行っているなど様々です。また、他の施設と提携しているところもあります。インプラント手術は別の提携先で受け、上部構造(人工の歯)と術後の定期健診を自分のクリニックで行う施設もあります。

我々患者は、このような実状を理解したうえでインプラント治療を受ける施設を自分で選ばないといけません。が、最終的には術者(歯科医師)や衛生士や技工士の方々、サポートするスタッフの方々と自分との間に長年にわたる信頼関係が築けるかどうかです。

歯科医院選びで考慮するポイントについてソフトとハード(設備)に分けて重要なポイントをお話しします。この両方が充実した歯科医院を選んでいただきたいと思います。


ソフトの部分

基本的なことですが、我々患者から見た場合に肝心なことは、先生が最初に丁寧にきちんと患者側の話を聞いてくれるという事が一番です。次に、総合診断のもとに適切な治療計画全てに治療の選択肢と費用、そしてその中で最善の策を説明してくれる歯科医院が第一です。補足ですが、治療計画の選択肢とは、現在治したい歯の治療と、口の中全体の将来あるべき姿のための計画全てです。治療計画を費用の面から見ると二つに大別できます。それは保険制度でカバーできる治療のみの治療計画と、自費治療を含むもしくは自費治療だけの治療計画の二つです。歯科には保険制度でカバーできない治療がたくさんあります。我々患者側は、先生から提示される最善の方法は自費治療を含む場合があり高額になることもあるという事を認識しておくことが大切です。

インプラント治療の場合は、手術中と手術後の痛み、腫れ、あざ、見た目(歯の長さ、色、形など)、インプラントもしくは人工歯の本数の多い場合の発音の変化、食事制限などが起こることがあります。これらについて説明や対処方法を最初に説明してもらわないといけません。これらはすべての手術で起こるわけではないですが、難易度が高く複雑な手術ほど起こる可能性が高くなります。ご参考までですが、この対処のため最近ではインプラント手術後の腫れに関して治癒の促進を図るために非常に高価な高圧酸素治療機器を採用している歯科医院もあります。

それから、麻酔方法についての説明も大切なことです。よく使われる局所麻酔の他に、手術中に不安のある方などは静脈内鎮静法の使用により術中の痛みや音などは気にならなくなると言われています。それに大掛かりな手術の場合は全身麻酔を使用することもあります。

さらに説明を受けたいことは、術後のメインテナンス方法と費用の事です。できる限り手術を受けた施設で定期的なチェックをしてもらってください。そして支払い方法(現金、クレジットカード、デンタルローンなど)と医療控除の方法もとても大事なことなので必ず教えてもらってください。医療控除のために領収書は必ずもらっておきましょう。

最後に、一般的に「患者カード」と呼ばれる自分に使用されたインプラント体などのデータが記載されている患者情報を発行するクリニックかを確認されることをお勧めします(理由は後で詳しく述べます)。

さて、これまで先生からの説明について述べてきましたが、適切な説明をうけるためには我々患者側にもしなければならないことがあります。まず、診察時に自分の現在の全身の健康状況を正直に伝えておかないといけません。慢性的な病気の治療中の方は、自分のかかりつけの先生にも事前に相談し、歯科クリニックで今の自分の健康状態を必ずお話しください。例えば、糖尿病や冠状動脈治療(ステントなど)等、現在治療中の病気があった場合、歯以外の持病に配慮した術前術後管理が大事なことなのです。それから「おくすり手帳」は持参された方が良いと思います。薬にも色々ありますので、正確な診断をしていただくためには、ご自分がどのような薬を処方してもらっているかを知ってもらうようにしましょう。

他には、矯正治療や歯周病治療や十分な歯の骨がない方には骨の造成などのインプラント治療のための事前手術も行わないといけません。こうしたインプラント手術以前に必要な他の治療を丁寧にきちんと説明をしてくれることも施設を選ぶ際のポイントです。

他の目安としては、施設の総手術数やインプラント総埋入本数も選ぶポイントの一つになるかもしれません。一般論で言えば、手術数の多いところほど手術チームとしての熟練度の高い施設であるとも言えます。この情報は大抵の場合歯科医院のホームページや待合室の掲示板などで得られます。しかし日本で権威のある学会の一つでは、本数による宣伝を推奨していないようですが。


ハードの部分

さて、ではインプラント治療を行う施設に必要な設備などハードの部分を見てみましょう。インプラント治療はお口の中の「手術」を伴うので、一般的な歯科治療と違って手術を行う「清潔領域」と呼ばれる場所が院内に必要です。手術室もしくはそれに準じた部屋かスペースがあり、手術に必要な機器が整備されていなければなりません。それに加えて、その近くに手術に必要な滅菌設備が完備されていることも条件のひとつです。これらの設備はもちろんの事、更に滅菌済み使い捨て医療用具(例えば滅菌済みの手術用ガウンや手術用手袋など)を準備していることも必須条件です。

画像診断装置も絶対に必要です。口の中の歯や歯の骨の状態をデジタルデータに変換して画像に表すCTを設置している、もしくはCT撮影を行う提携先がある事です。なぜならインプラント手術にはCT撮影から得られるデジタルデータによる画像診断、ついでこれによる手術計画は不可欠の要素だからです。

今や医科や歯科にかかわらずどのような手術でも、CTやMRIなどによるデジタル画像とそれから得られるデジタル情報を事前に得、それを元にコンピューターを用い手術計画を立てることは当然となってきております。このデジタル情報とは、歯のインプラント治療を受ける我々患者個々人の歯の並び方や歯の骨の形状(幅、奥行き、深さなど)やその質(骨の量や密度など)などです。これにより、位置、深さ、埋入(まいにゅう)角度、使用インプラント体(人工歯根)の事前シミュレーションを行います。これを繰り返し、納得のいく口の中全体の最終設計にたどり着きます。また、歯科用CTも技術革新が進み、我々患者にやさしい、つまり被曝量が少なくてもデジタル画像の精度が高い製品が普及し始めました。こうしたCTをお使いの歯科医院であれば、より安全に、より精度の高い診断情報に基づいた治療をうけることができます。

このようにCT等のデジタル画像や情報を使い十分な事前準備をした後、実際のインプラント手術は行われます。このような進め方が一般的なインプラント治療の成功度を飛躍的に向上させています。あえて言えば、このデジタル技術を用いた事前診断と治療計画が、術者が安心して手術をより短時間でより安全により確実に終えるための大きな要素なのです。


歯科医師の研鑽について

歯科医院選びの一つの重要なポイントになる歯科の先生方がどのような経歴や経験をお持ちかを知るために参考となる情報をお伝えします。

先生方は大学病院でトレーニングを受けた後歯科医院や大学病院で勤務され、ご自身の医療知識と技術の向上に努められます。当然ながら学会には参加されますし、開業医の先生方が主催されるスタディグループ(研修会や研究会)に属して継続的に勉強なさいます。その他に、国内外の著名な先生方を招聘して開催する公のあるいは企業が主催するセミナー、海外での大学主催のセミナーや国際学会に参加もされます。こうして実技や知識を体得し日々ご自身の医療知識と技術を研鑽されています。こうしたセミナーやトレーニングは2−3日で終了するものから、長期のものでは数ヶ月に分けて受ける研修会など様々あります。どのようなトレーニングを履修されたかもクリニック選びのポイントの一つでもあります。この情報はクリニックのホームページ上の先生の紹介・経歴の欄に出ていたり、コラム欄に「~セミナーに参加しました」や「~国際学会へ行ってきました」のようなかたちで発信されていることも多いので、まずホームページは要チェックです。それから、患者待合室、受付カウンターに置いてあるパンフレットやニュースレターの中に書いてあることや、トレーニングの修了書が壁にかけてあったりして見ることができますので、施設に行った時には注意して見てみてください。


セカンドオピニンの重要性について

セカンドオピニオンを取る事は是非お勧めします。インプラント治療を掲げているクリニックそれぞれで、先生方の考え方により治療方法や使用しているインプラントのメーカーに違いがあります。とてもよく分かる治療方法の違いの例としては、歯が抜ける前に抜歯してインプラントを勧める先生や、抜かずにとにかく保存処置を勧める先生がいらっしゃいます。これは、その歯とその近隣の歯の状態などによる処置方法と、考えられる将来の口の中の状態に対する事前処置への見方の違いからくるものです。どちらが正しいかは一概に言えませんが、大事なことは、先を見据えた総合的な診断と治療計画であるか?という点です。それは時として保険制度に基づいていたり、自費治療を含んでいたりします。そのため、総合的な診断と治療計画とは、今の症状の改善だけでなく、現在と将来への改善計画ということになります。そうした事を自分自身で確認し納得する上でも、他の施設でセカンドオピニンを取られてじっくりと考えても良いのではないでしょうか。

繰り返しになりますが、時として保険制度に基づいていたり、自費治療を含んでいたりします。そのため、総合的な診断と治療計画とは今の症状の改善だけでなく、現在と将来への改善計画ということになります。そうした事を自分自身で確認し納得する上でも、他の施設でセカンドオピニンを取られてじっくりと考えても良いのではないでしょうか。

ご参考までに、私自身セカンドオピニンの大切さは身も持って体験しています。歯の病気ではありませんが、数年前になりますが突発性疾患を発症した時に、市中の総合病院で3ヶ月安静が必要な大きな手術を勧めらました。その後、知り合いのつてで二つの別々の大学病院でセカンドオピニンを取りました。将来のことを考えた結果、二つの大学のうちの一つで勧められた外科手術をしないで治す保存治療を選びました。結果として治療期間が長くなりましたが現在完全に治癒しております。このようにセカンドオピニオンは、自分自身でその時により良いと思われる決断をするためにとても有効な手段です。


まとめ

まとめますと、インプラント治療は長期にわたって安全性と有効性が確認されています。ではありますが、如何に成功率が高い治療であるといえども成功しないこともあります。成功の可否は、歯科医師が今までの臨床経験を一つずつ着実に積み上げた結果の合理的な判断が出来るか?、そして総合的な治療計画のための将来を見据えた診断が出来るか?にかかっているのです。それが出来るところが、すなわち我々患者がこの治療を適切に受けることのできる医療機関です。

それから忘れてはならないのは、今の状態だけの改善が出来ても、また次に何か起これば非常に大事な時間と費用がかかります。我々患者は生涯にわたり、我々の口が快適に基本的な機能を果たす事を望んでいます。それは普通に食し、話し、味わう事ができる事です。ここが治療計画の根本です。従いまして我々もその時の治療と費用だけに焦点を当てないで、本当に必要な治療は何かを認識し選べるような知識を持たないといけません。

先生方の医療知識と治療経験から、このままであれば直近にもしくは近い将来起こり得るであろうことを予測し、それに対処する診断を我々は必要としています。それが保険制度による治療であろうと自費治療による治療であろうとも、その治療計画を教えてもらい我々自身で理解して選択する事です。

そして、その後協力しあって治療にあたれば必ず納得できる結果が生まれます。

最後に、自分自身の体験に照らして申し上げますと、まず自分でネットや雑誌など色々なメディや友達などから情報をできるだけ集める事です。このサイトもその一つであります。多くの情報を含めて選択眼を養い、自分にあった歯科医院を探し出してください。そこで先生方やスタッフの方々と双方向の会話を持ち、インプラント治療そのものやその医療機関の良い部分とそうでない部分を把握することが大切です。その結果選んだ所が、お互いに理解し信頼関係を築くことができるインプラント施設であるはずです。安心してインプラントやその他の治療を受け、その後も長くお付き合いできるような。。。

ページトップ