歯のインプラント治療が必要な時とは?

インプラントを検討する必要があるのはどんな時でしょうか?

  • 1)歯が何らの事情で無い
  • 2)ブリッジや部分または総入れ歯がしっくりいかない
  • 3)歯がグラグラして抜く選択をせまられている
などです。

1)の場合は放置すると歯のない部分の骨が時間と共に減ってきますので早く処置することをお勧めします。
ブリッジや入れ歯や、骨を増やす手術をする必要のない間にインプラント手術を行うなど、見た目も考えて検討される方が良いと思います。
2)の場合も歯の骨と残っている歯の状態を考慮してインプラント手術を考えられるのが良いと思います。

入れ歯, インプラント, 治療

3)の歯がグラグラして抜く選択をする時どうするかですが、それについて少し詳しくお話ししたいと思います。

1)の場合と同様、抜けたまま放置していると普通は隣の歯や対向歯(上の歯であればその真下の歯、下の歯であればその真上の歯)に良い影響を与えません。グラグラしている歯の位置によりますが、抜けた場合そのままでは見た目も良くないので、何らかの処置を検討されるのが賢明でしょう。実はこのグラグラの状態の時の選択が一番悩ましいと個人的には思っています。
では、抜けた時もしくは抜いた時にどういう選択肢があるか?考えてみましょう。

治療法には入れ歯、ブリッジ、インプラントという選択肢があります。もちろん費用も一緒に考えないといけません。費用は治療法を決めるうえでとても大きな課題です。

治療法を選ぶ為に、まずインプラント手術だけでなく、それぞれの治療方法の長所と短所、治療後に起こるかもしれない事柄やその対処の仕方等を先生から教えてもらわないといけません。その上で、このグラグラの歯を抜くのであれば抜く時期、その後の人工の歯を入れる治療に要する期間、それぞれの治療後の日常生活での使用感や自宅でのケアの仕方、治療後の通院の必要性なども一緒に説明を受けて、ご自分の希望やライフスタイルにあっているかをしっかりと検討してください。

とは言っても、いつどんな治療をするか?という判断はとても難しいものです。歯周病治療や根っこの治療(根管治療と呼ばれ、中には顕微鏡を使い治療する自費治療もある。詳細は後述。)やその他の治療により、今の歯を抜かずに残しておくこともできるかもしれません。
一方、それらの治療をすることなく歯を抜いてインプラント手術を選ぶ方が良い場合もあります。なぜなら、普通のインプラント手術は土台となる歯の骨が十分に無いと出来ない治療なので、時間が経過して骨が減ってしまう前に治療を行うという判断もあり得る訳です。いずれにしても、どの時期にインプラント治療などの人工歯に置き換える治療を始めるかの判断はとても難しいことです。従いまして、どの治療にするかの選択肢は我々患者の希望と口の中の状態を考慮したうえでの歯科医師の治療方針によります。

次にインプラント治療を選ぶ場合の費用と時間ですが、インプラント治療前に歯周病治療や根管治療が必要な場合もあります。
それはお口の中を健康な状態にしてからインプラント治療を行うからです。当然この場合は治療期間は長くなり治療総額は増えます。治療方法や期間は個々人でお口の中の状態や希望、及び予算が違うため多くの選択肢ができます。手術の時期は、今の歯の骨の状態の方がインプラント治療に良い状態であるかもしれないので先生と良く相談して検討すべき重要な事項です。

それから、どこまで自分の歯を残すかという課題もあります。
例えば、両側の歯がなくグラグラしている歯の場合、選択肢の一つ目は、この歯を残しその両側にそれぞれインプラント手術などによる人工歯を入れるという方法。二つ目は、グラグラの1本を抜いて、3本の歯をインプラント手術や入れ歯などによる人工歯にする方法。このような場合は、どちらの方法にするか?そしてその時期は?というように考えることになります。歯がグラグラした状態の時は、グラグラしている歯の本数に関わらずなんでもかんでも歯を抜いてインプラントにすべきと言っている訳ではありません。

歯がない、今の入れ歯で満足できない、歯がグラグラして抜かないといけないなどと思った時は、インプラント治療は選択肢の一つであります。
が、上述のように多くの事を考慮して総合的な判断が必要でもあるインプラント治療を考える場合は、歯科医師に将来のお口の中のことも含めて総合的な診断をしてもらう事、そして今現在どのような処置が必要かを教えてもらうことがとても大切です。

ページトップ