歯のインプラント治療が必要な時とは?

インプラントを検討する必要があるのはどんな時でしょうか?

  • 1)既に歯がない状態
  • 2)既にブリッジや部分または総入れ歯を利用している状態
  • 3)歯がグラグラして抜くか保存するかのどちらかを選択する時です。

1)も2)の状態も、将来的に歯の骨が少なくなってくることも考えられますので、生活の質の向上という点では何らかの処置を検討される方が良いと思います。1)の場合は、無くなった歯の位置にもよりますが、インプラントを含めて両側の歯で支えるブリッジや部分または総入れ歯のいずれかが良いと思います。2)の状態であれば、インプラント治療を検討されたらいかがでしょうか。

入れ歯, インプラント, 治療

さて、3)歯がグラグラして抜くか保存するかのどちらかを選択する時どうするかですが、それについて少し詳しくお話ししたいと思います。

歯が抜けた後放置し、何もしないでそのままにしておくという選択肢もあります。しかし、一般的には隣の歯や対向歯(上の歯であればその真下の歯、下の歯であればその真上の歯)に良い影響を与えないと考えられています。まあ、抜けている歯の位置によりますが、抜けたままでは見た目も良くないと思いますので、何らかの処置をされる方が良いのではないでしょうか。

さて、このグラグラの状態の時の選択が一番悩ましいと個人的には思っています。答えは、先生に率直に相談した方が良いということです。抜けた時もしくは抜いた時に、部分または総入れ歯、ブリッジ、歯のインプラントというそれぞれの選択肢と費用を教えてもらう事が大切です。インプラント手術だけでなく、それぞれの治療方法の良い点とそうでない点、ひょっとして治療後に起こるかもしれない事も含めてです。歯を抜くのであれば抜く時期、その後の歯を入れる治療に要する期間、それぞれ治療後の日常生活での使用感や自宅でのケアの仕方、治療後の通院の必要性なども一緒に説明を受けてご自分の希望やライフスタイルにあっているかを良く検討してください。

とは言ってもいつどんな治療をするか?という判断はとても難しいものです。歯周病治療や根っこの治療(根管治療と呼ばれ顕微鏡を使い治療する自費治療もある。詳細は後述)やその他の治療により、今の歯を抜かずに保存しておくことも選べます。それに対して、その病気の程度によりますが、歯を抜いてインプラント手術を行って人工歯を選ぶことが良い場合もありえます。ましてや治療後は元々の歯があった時の歯の骨の状態は病気になる前と100%同じ状態に戻ることはないであろうと推測できますので、どの時期にインプラント治療などの人工歯に置き換える治療を始めるかの判断は本当にとても難しい所です。すでにお分かりのように、普通のインプラント治療は基本的には歯の骨がないとできない治療方法なのです。ですので、選択肢は我々患者の希望、口の中の状態、歯科医師の治療方針によっても変わります。それから費用と時間については、歯周病治療や根管治療の後にインプラントをすることになるとその分治療額は増えます。歯が抜けた時の歯の骨の状態は時間が経てば変化するために今の状態と違う事、など将来の予測を含めて総合的に診断し治療方法を立てることになります。逆説的に言えば、将来より今の歯の骨の状態の方がインプラント治療に良い状態であるかもしれないのです。個々人で、お口の中の状態や希望、及びそれにかかる費用が違うためにインプラントなどの手術の時期については一言で言える答えはありません。

例えば、極端かもしれませんが、上の前歯が1本しかなく、グラグラしている場合、この前歯とその骨が将来どのようになっていくかを見据えないといけません。この場合の選択肢の一つ目は、この前歯を保存しその両側にそれぞれインプラント手術などによる人工歯を入れるという方法。二つ目は、この1本を抜いて、すべての歯をインプラント手術や総入れ歯などによる人工歯にする方法。というように、このどちらにするか?そしてその時期は?という選択に迫られる場合もあり得るからです。

しかし、ここでは私は、歯がグラグラした状態の時は、グラグラしている歯の本数に関わらずなんでもかんでも歯を抜いてインプラントにすべきと言っているのではありません。こうした考慮すべき重要なポイントがあるため、担当歯科医師にこれから先の事も考えた総合的な診断をしてもらう事こと、そして今現在どのような処置が必要かを教えてもらうことがとても大切であるというお話をしたかったのです。

ページトップ